友人の過去、自分の現在(いま)

  • 2017年4月24日
  • 2017年4月24日
  • コラム
  • ビュー
  • 0件

今日、十数年ぶりに同級生に会ってきました。
直接の知り合いではなく、共通の友人の紹介で知り合ったいわば【お知り合い】程度の方。
それ以来連絡取ることも無く音信不通にはなっていました。むしろ忘れていたというほうが適切だと思います。
先週の金曜日に携帯に着信。
「もしもし、○○だけど憶えてる?」
「○○さん?どちら様でしたっけ?」
というぐあい。
しばらく話してるうちに思い出し、たわいも無い話をして、今日会う段取りを。

昼ごはん食べながら近況の話。
「大体、久しぶりに連絡してくる時は何かのセールスの話が多いんだよね」と思いながら、話をしていると
その同級生は今は小さい会社ですが、社長になっていて、とーぜん車も定番のポルシェ911とBMW535所有。
「ただ、今でこそこうなってるけど、実は一度自己破産してるんだ」という告白!
聞いて驚きはしましたが、それよりもそれにめげない精神が凄いと感心した次第です。
その友人は随分人間的に大きくなっていました。私が初めて会った時より器が大きくなっていました。
その後も全くセールスの話は無く、お互いの身の上話ばかり。相手が仕事中ということもあり
「次はオフィスでの話しましょう」ということで会社に行き色んな話をすることが出来ました。

私は話を聞くことは苦手ではありません。
何故かと言うと話をしてみないと良い話悪い話かわからないことと
もし話を聞いて自分にとってはマイナスだなと思えばそこで断れるからです。
全く知らない方でも、サシでなければ大体話は聞くスタンスを持っています。

話を聞いてYES、NOを判断するのは自分だけです。まわりがとやかく言う問題ではありません。
大事なのは自分がどうしたいのかです!私の判断基準は直感で決めることが多いですね。
判断する為には前回も書きましたが、本を読むことをお奨めします。
本を読むことで判断力も培えます。
相手が自分のことをだまそうとしているもしくは本気で自分の為に良い話をしているのか判断は出来ます。
性格の問題もあるかもしれませんが、少なくとも本を読むことで現状の知性枠にオントップできるので
今以上には物事の判断や決断力などは備わってきます。会話能力も高くなっているのでいろんな話し方もできるわけです。
マンガから専門書まで何でもいいと思います。色んなジャンルを読んでみることです。マンガばっかでもだめだし、せんもんしょばっかりもだめ。
興味にあるものから読んでいくと活字に対して抵抗感はだんだん少なくなってきます。だまされたと思ってまずは実行して見てください。

友人が別れ際に紹介してくれた本があり「貸してあげる」と言われたのですが「帰り本屋によって見てみる」
と断って帰りに本屋へ行きました。
ここでは本のタイトルは伏せておきますが、取り急ぎ半分までは読みました。
ビジネス書ですが今までに無い切り口で物事が展開されます。
私にとっては今まで読んだことの無いもので新鮮でした。今までの考え方を覆されたと現状感じています。

すべて読み終えたらまた紹介します。
子育て中のママさんへ。お役に立つと嬉しいです。

最新情報をチェックしよう!