新車それとも中古車どちらを買おうか?迷っている方々へ! | にーこうのブログ

くるま、運転

新車それとも中古車どちらを買おうか?迷っている方々へ!どちらがメリット大きい?

投稿日:2017年4月6日 更新日:

今年新たに免許を取得されたみなさんおめでとうございます。
季節は春です。絶好のドライブシーズンの突入です!
また、いままさに車買い替えようと思っている方、これを読んでから
ディーラーやショップに行っても遅くはありません。

「どうせ買うなら新車がいいかな?」
でも
「新車は値段が高いから中古車にするかな?」
いざ購入になると迷いますよね。

直接車屋さんに行って営業の方にお尋ねしても良いとは思いますが
買うのは「私」なのですから
「購入前の前知識」を持ってるとかなり違ってきます。
また、「自動車」は機械ですから壊れることがあります。アフターのことも
考えて購入しましょう。

では早速!

1:「新車」「新古車」「中古車」の違いってなに?

「新車」=工場から出荷されてまだ登録を行っていない車両
「新古車」=一度登録はされているものの、走行距離も極端に少なくほとんど見た目が新車と同様な車両
自動車は一度でも登録すると車自体の価値はその時点で下がりますから極端に走行距離が少なくても新車に比べれば
30~50万円くらいはお安くなっています。
「中古車」=登録もされ、一定の走行距離がある。個体差があり、例えば塗装は抜群でも走行距離が多いなど
です。

2:「新車」「新古車」「中古車」それぞれのメリット

それぞれの長所を言うと
「新車」
それこそ工場のモータープールからやってきた。誰も過去に乗ったことがない、変なくせがついていない。
嫌なたばこの臭いや香水の香りもなし。文字通りの車両!潔癖症の方はいいかもしれません。
「新古車」
見た目も走行距離もほとんど新車同様。当然ボディのキズもなし。車内はほのかにまだ新車の香りを残しています。
本来ならオプションの【フロアマット】や【ドアバイザー】【カーナビ】も付いている車両が多いのも良いですよね。
「中古車」
当然価格の安さです!走行距離の多い車両を[過走行車]といいますが、過走行車両は価格が安い。新車の時には購入できなかったのが
中古車になったおかげで手が届く車両になります。
新車の価格を考えたら車のグレードを1ランクや2ランクあげたものを手に入れやすくなります。

3:どのくらいのコストがかかるのか。

税金から見ると
[自動車を購入する際には、中古車・新車とも「自動車税」「自動車取得税」「自動車重量税」の3種類を支払わなければいけません。
このうち、金額がかわるのが「自動車取得税」。車両価格に対して一定の税率をかけて金額が決まるので、安価な中古車は安くなります。
さらに、車両本体価格が50万円以下なら無料となります。
一方、自動車税と自動車重量税は、同じクラスのクルマであれば中古車・新車とも変わりません]
[なお、ハイブリッドカーなど低燃費・低公害のエコカーに指定された車種であれば「グリーン税」が適用され、新車・中古車とも翌年に最大50%程度減額されます]
(goo-netより)
です。コストパフォーマンスは断然中古車の方に軍配は上がります。
「新古車」には登録して間がないことで「新車保障の継承」がある場合が多く、保障の範囲内で何かあった時メーカー保障が適用になる場合があります。
あとメンテナンスコスト(消耗品交換)は共通にかかります。
主な消耗品は
・エンジンオイル
(¥3,000~¥5,000/10,000kmもしくは半年)
・オイルエレメント
(¥2,000~¥3,000くらい)
・エアクリーナー
(¥4,000前後)
・エアコンフィルター
(上記と同様)
・タイヤ
(私の自家用車で国内メーカー物で4本交換料金コミコミで約¥80,000)
・バッテリー
(軽用でも¥15,000くらい)
これにガソリン代(もしくはディーゼル車は軽油代)がかかってきます。

4:結論(まとめ)

いちばんなのは
【走行距離が少なくて、嫌な臭いも無く、見た目が綺麗で価格が安い!】のが本音。
「誰かわかんない人が乗ったのはどうしてもいや」ならば
「新車」になります。
【出所がはっきりしているし、少々走行距離が多くてもこの車がいいんだよ!】と車種にこだわりがある方や
あとあとドレスアップをしたいなと考えている方は
「中古車」が良いと思います。
【お金に余裕があるわけではないけど、やっぱりできるだけ新しいほうがいいし、最初からナビとかも
ついてるし】と考えてある方は
「新古車」がいいかもしれません。

「自動車」の進化はすさまじいものがあります。5年しか違わないのに燃費性能なんて今は格段に
良くなっています!
メーカーとしては車が売れない時代なので「みんなうちから買って!」が本音です。
中古車市場も新車が売れなければ流通しません。中古の玉不足で中古の価格が
少しづつ上がっているのが現状です。

自分のライフスタイルにあわせて、支払いなど無理のないように選ぶのが良いと思います。
大事なのは惚れている車種を手に入れるほうが断然良いです。
その方が自分自身車を大事に扱いますから。
ただ選んでいるときがイチバン楽しんですけどね。

「新車」でも「中古車」でも、軽でも高級車でも日本のメーカーはほんとに一生懸命製造してますから
日本車は世界一です!

【自分で運転して、自分の行きたい場所に、大切な方と、楽しい空間ごと移動できる乗り物】
が自動車だと私は思っています。

安全運転で楽しいカーライフを過ごしてくださいね。

 

 

 

広告




広告




-くるま、運転

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

車のエアコン。イヤなニオイに使って良かった消臭剤。

日に日に暑くなってきましたね。当然車もエアコンを使う機会が増えてきます。 でもスイッチON!で感じるあの「モワッと感」いやなニオイもするし。 それでは快適なエアコンのため嫌なニオイを解決しましょう! …

【テンロク】という言葉ご存知ですか?

【テンロク】 なつかしいと思う方もいらっしゃるでしょう!自動車の排気量が1,600ccクラスの車を以前呼んでいたのです。現在の車両開発はCO2削減の目標があるためどうしても燃費の良い車に偏っています。 …

車の車種別人間のタイプ

世界には色んな車メーカーが存在します。特に輸入車は年々輸入量が増えているのが現状です。不景気と叫ばれている中高級外車の売れ行きは確実に上がっています。日本経済新聞5/9によると、前年同月比、価格帯別で …

自分の車の給油口の位置、どっち側?レギュラーとハイオクどっち入れる?

以前のコラムで給油ランプが点灯してからどのくらい走るのかというのを掲載しました。ガソリンスタンド見つけて、 さあ、自分の車の給油口どっち側にあるか、「どっち?右、左」 車を買い替えた直後はあまり入って …

洗車時、つい忘れがちな場所

暑い日が続いていますね。 今日は洗車の話なんですが、ボディやフロアマットはキレイにしていますよね? 見た目、汚れが目立つところなのでここはキレイにするのですが、ここ以外にも見た目そこまでは汚れていなく …

サイト内検索

スポンサードリンク



2019年9月
« 8月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

アクセスカウンター