スイスポ[ZC32S]のエアフィルター交換しました。

愛車のスイスポも10万キロ超走破しました。これといった不調はありませんがここまで無交換だったエアフィルターをやっと交換します。
このブログには早めに交換した方がいいと自分が書いておきながら面目ないです。

今回交換する部品は純正品ではなく、社外品です。
メーカー:BLITS(ブリッツ)
品名:SUS POWER AIR FILTER LM
純正交換タイプになります。
これを選んだ理由は、
●ステンレスコーティングされているので純正と比べると耐久性が高い
●定期的にエアガン等で清掃ができる
●価格が手ごろである[¥2,770(税込)]です。
ネットで購入しました。

商品を手にしたときまず間違いないかを確認をするわけですが、この箱書きの適合メーカーには「NISSAN」「SUBARU」と書いてあります。あれっ?「SUZUKI」は書いてない?間違ってるのかな?と思いブリッツのHPで適合を調べてみました。
車種別適合表詳細☞【SUS POWER AIR FILTER LMの適合表
見ると当たり前ですが間違いはありませんでした!!
品名に”SN-24B”と表記してあります。同じ品名は日産、スバルが多く、他にはマツダも適合していました。できれば箱書きに”SUZUKI””MAZDA”とも表記してほしいと思ったのは私だけでしょうか?

なにはともあれ適合していたので早速装着していきます。
交換は割と簡単で、スイスポの場合はエンジンカバーの裏側にエアクリーナーボックスがあるのでカバーを外して純正と入れ替えるだけです。
このカバーの裏側はこうなっていて、
中央がエアクリーナーボックスです。左側と右下側のピンを外し上に向けて開けるとエアフィルターが見えます。

 
 

左が純正(交換前)、右側がBLITS(交換後)になります。サイズは純正と同じなのでポン付けです。きっちり入っていることを確認して元に戻していきます。作業時間約15分程で終わりました。

10万キロ超と新品のエアフィルターを比べてみます。

 

写真ではわかりにくいですかね?10万キロ超のフィルターは全体的に黒くすすけていました。ゴミも付着していますし。装着後の走りはアクセルレスポンスが良くなった気がします。息継ぎもしなくなったので交換したことの意味は確実にありました。

最新情報をチェックしよう!