水が出た! | にーこうのブログ

九州北部豪雨災害

水が出た!

投稿日:

豪雨災害後生活インフラのひとつ、水が朝倉市の杷木地区の一部ですが試験通水で出るようになりました。よかった。行方不明者の捜索も福岡、佐賀県警の両方で筑後川筋を重点的に捜索を開始しています。なんとか早く見つかってほしい。福岡県も本日梅雨明けしたとみられるという宣言がでました。本格的に暑さが増してきます。そんな中の水道復旧!良かったです。

夕方から20時ごろ夕立があり結構強めに降ったので心配しましたが、短時間で終わったのでほっとしました。

被害を受けた朝倉市杷木地区と東峰村は高齢者が多く住んでいるところです。逆に言えばそれだけ高齢者も住み易い土地なんです。でもこの豪雨で家を流された方の心のケアをどうしたらいいのでしょうか?あるおばあちゃんは家が床下浸水で土砂も流れ込んでしまい寝泊りするには厳しい状態です。

お隣様が「ご飯を一緒に食べましょう」とお誘いをかけても

「そちらに行く気力もございません」と小さな声で言ったそうです。

歩いて1分もかからないお隣さんまでも歩けないくらいショックを受けています。確かに終の棲家がいまや住める状態ではないのは何よりもショックが大きいと思います。

高齢者が住み易い場所が豪雨でがらっと変わってしまいました。

農家の方も多いです。田植えが終わっている田んぼは土砂が一面を覆い、土壌自体がとても農業が出来るような状態では無くなってます。

2ヶ月後完成をめどに仮設住宅の建設も始まりました。まずは、生活する基盤となる住宅が確保できてからの話になるのでしょうけど。朝倉市として今後どう動くのか、森田市長の手腕を見ていこうと思います。高齢者に優しい街づくりを行ってほしいと思います。

 

広告




広告




-九州北部豪雨災害
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

三連水車が動き始めました!

豪雨以降稼動がストップしていた朝倉市の三連水車が今日から、およそ1ヶ月ぶりに動き始めました! まわりは未だ土砂がそのままだったり、水の色は茶色のままだったりと爪あとが残っているなかで、水車が動いたこと …

no image

朝倉市避難指示がでています・

   結構強めにあめが降り始めました。東峰村の国道211号線の一部が雨のために通行止の措置をしました。 緊急避難指示です。 今夜にかけての雨の降り方が心配です。空はゴロゴロ鳴っています。

7月7日の河川の様子

近所の河川の様子です。昨日と同じ場所ですが撮影場所を変更しています。昨日と比べてもあまり変わらないように思います。この堤防が決壊することは無いので安心してはいます。冠水で通行止になっていた道路も解除に …

朝倉豪雨災害から今日で1年が経ちました

今日7月5日は朝倉豪雨災害が起きた日で、今日で1年になりました。 昨年の今日は道路もこんな状況でした。 自宅に帰る途中の出来事でいつのまにか水かさも水流も強くなってきました。 近くの筑後川も一気に水か …

氾濫しなかった河川。その理由は?

この映像は7日に撮影したものです。 この河川は[佐田川]といいます。地元のみなさんは[大根川]と呼んでいます。見えている橋も実は度重なる水害で私の人生の中で今までに2回落ちて架け変わっています。が、そ …

サイト内検索

スポンサードリンク



プレミアム バンダイ

2019年9月
« 8月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

アクセスカウンター