冠水時の車の運転で知ってほしいこと。 | にーこうのブログ

くるま、運転

冠水時の車の運転で知ってほしいこと。

投稿日:

朝倉市からは台風がそれました。復興中に水をさすことはなく朝倉地区は一安心でした。しかし今台風が上陸している、いまから上陸しそうな地区の方々は早めの避難をして下さい。家にいる方はラジオ、懐中電灯の電池を確認して、そばに置いておきましょう。情報を知らない、わからないがいちばん怖いので。停電でも使用できる乾電池のラジオは大変重宝しますよ。ガラスが飛散しないように雨戸を閉めたり、雨戸がなければ直接ガラスに布製の粘着テープを貼るのも有効です。靴などの履物も家の一段高いところに置いて濡れないようにしておきましょう。

車を運転する場合は水深がサイドステップ以下ならなんとか走れるかもしれませんが車によって車高が違いますので一概にいえません。スポーツカーや極端に車高を下げているならホイールの3分の1の深さまでが限界だと思います。RVやSUVなどの車高の高い車も同じことが言えると思います。大事なのは車がストップするのはエンジン内に水が入るからなので、フロントならエアクリーナーの吸気口から、リヤならマフラーから入る可能性があります。大まかな限界値は約30cmだといわれています。


これは私の車で、車高はノーマルです。この前の豪雨の時の冠水のときの水深は写真にもありますが約30cmでした。ホイールの約3分の2くらいの深さですね。確かに走行できましたが室内はずぶ濡れになります。これ以上深いと走行は危険です。水の浮力でフロントタイヤが浮き、ステアリングが効かなくなることもあるそうです。

「そこまでの水深が無いから大丈夫」と思い走っていたら意外に深かったということもありますので、冠水になりかけている、または冠水した道路は注意して走行しましょう。遠回りになってもそこを避けて走る、もしくは水が入らない駐車場に停めて雨が落ち着くまで待つのもひとつの方法です。大切なのは大金出した自動車ではありません。あなたのいのちなのですから。

万が一の時の為にもエマージャンシーハンマー等のグッズをひとつ装備して置くと良いと思います。

広告




広告




-くるま、運転
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

今の季節、自動車のココはこうしましょう(2)

積雪の走行や積雪しているところに行く可能性が高い場合事前に知っておくと対処しやすくなることが多いです。先日の続きで、今日はここから話したいと思います。 ・本格的な走行前 走行する時なのですが、ブレーキ …

車の車種別人間のタイプ

世界には色んな車メーカーが存在します。特に輸入車は年々輸入量が増えているのが現状です。不景気と叫ばれている中高級外車の売れ行きは確実に上がっています。日本経済新聞5/9によると、前年同月比、価格帯別で …

RVモーターショー行ってきました。

福岡マリンメッセで11、12日の2日間RVモーターショーが開催されました。全国の有名RVビルダーのキャンピングカーが勢揃いするということで最終日の昨日行ってまいりました。 私自身初めて行きました。キャ …

モテる運転テクニック!

現代の自動車は安全装置がいろいろ装着され5年前の自動車でさえ過去のものになりつつあります。運転者が間違った運転をすると自動車が判断して安全に走行が出来るようになっています。「あなた運転上手ね!」と褒め …

新車それとも中古車どちらを買おうか?迷っている方々へ!どちらがメリット大きい?

今年新たに免許を取得されたみなさんおめでとうございます。 季節は春です。絶好のドライブシーズンの突入です! また、いままさに車買い替えようと思っている方、これを読んでから ディーラーやショップに行って …

サイト内検索

スポンサードリンク



2019年9月
« 8月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

アクセスカウンター